理想のリノベーション

理想のリノベーションをするときはどのようにイメージすればいいのか?

リノベーション事例:マンション

リノベーション事例:マンション

中古マンションの購入では、内装を一新して新築同様の状態へとリノベーションする事例が増えています。新築では手が届かないエリアのマンションでも、中古マンションを購入し、リノベーションすることで費用を抑えて、理想の住まいを手に入れることが可能となります。中古マンションは、どのようなフルリノベーションが行われているのでしょうか。

事例からみるマンションのリノベーション

Bさんは築15年の中古マンションで4LDKを購入して、フルリノベーションを行いました。一室の壁を撤去してリビングを拡張して、3LDKとしています。

キッチンは既存のキッチンと同じI型のシステムキッチンに交換し、100万円でした。浴室はユニットバスの交換で、1616サイズで80万円です。洗面室の位置を移動させて、トイレを増設して、タンクレストイレを設置して100万円でした。洗面所は2ボールタイプで、3面鏡収納を取り付けて50万円です。リビングは洋室の壁を撤去して、一部の壁紙を変更してアクセントクロスとして、80万円でした。そのほか、壁紙やフローリングの張替え、畳からフローリングへの張り替えなど和室から洋室への変更、建具の交換、照明器具の交換などを含めて、トータルで800万円となっています。

マンションでは、500万円から1000万円程度の費用をかけて、内装や設備を一新するフルリノベーションが行われることがあります。

マンションのリノベーションのポイント

マンションのリノベーションでは、管理規約に留意する必要があります。リノベーション工事は管理規約によって、管理組合への届け出や承認が必要なことがありますので、事前に管理規約をチェックしておきましょう。また、フローリングは遮音等級が決められていることがあります。求められる遮音性能以上のものへの張り替えしかできないことが多いので注意が必要です。

マンションは比較的リノベーションでの間取りの自由度が高いのが特徴です。マンションでは一部の壁式構造の低層マンションでは、間仕切壁の撤去ができませんが、多くを占めるラーメン構造のマンションでは間仕切壁が撤去可能です。そのため、マンションのリノベーションでは、間取りの変更を伴うケースが多いです。水回りの位置は、床下のスペースにゆとりがあり、排水の勾配を確保できれば、移動することが可能です。

マンションでは玄関ドアやサッシは共用部分にあたるため、リノベーションで自由に変えることはできません。玄関のドアの内側を塗装することや二重窓の設置は可能です。

コンテンツ

リノベーション事例

ページのトップへ戻る