理想のリノベーション

理想のリノベーションをするときはどのようにイメージすればいいのか?

リノベーション事例:一戸建て

リノベーション事例:一戸建て

中古住宅を購入してリノベーションをして暮らすことが、マイホーム取得の選択肢の一つとして一般的になってきています。中古の一戸建てを購入した場合には、どのようなリノベーションが行われているのでしょうか。

事例からみる戸建て住宅のリノベーション費用

中古で一戸建てを購入したケースで、リノベーション費用はどのくらいかかるものなのか、事例を参考にみていきましょう。

Aさん夫婦は築15年の木造住宅を購入して、キッチンと浴室、洗面所の水回りの設備を一新し、リビングと洋室などの壁紙を張り替えました。外観のサイディングの塗装も行っています。

キッチンは収納部分が多くとれる2列型のレイアウトで、既存のキッチンと同じ場所に設置して約140万円でした。浴室は、ユニットバスの交換で約100万円です。洗面所は既製品で三面鏡収納がついた、大容量のボウルのタイプを設置して45万円です。トイレは配管やタンクがキャビネットに収納され、タンクレストイレに見えるタイプのものを設置し、手洗い器を別に設けて45万円でした。リビングや洋室などの壁や天井のクロスの張り替えは合計で20万円です。窯業系サイディングの塗装とコーキングの打ち直しをして100万円でした。Aさんのリノベーション費用は、トータルで450万円です。

水回りの設備は他人が使っていたものは気になる人が多く、築年数にかかわらず、中古の一戸建ての購入でリノベーションの範囲に含まれることが多いです。ユニットバスでは、最近の商品は清掃性に優れ、床材が滑りにくいことから、リノベーションによって、機能性をアップすることができます。

窯業系のサイディングは塗膜が剥がれたり、チョーキングが起こっていたりすると、塗装が必要です。給湯器も15年ほどで寿命を迎えますので、交換する心積もりは必要となります。

一戸建ては木造住宅が多く、築年数が経過した物件をフルリノベーションすると、構造体への補強も必要となり、新築住宅を建てるのと変わらない費用が必要となるケースも多いです。

一戸建てのリノベーションのポイント

一戸建ての多くは木造住宅ですが、リノベーションで間取りを変更したいと考える人も多いかもしれません。しかし、耐力壁となっている壁は撤去できないため、間仕切壁の変更には制約があります。増改築で確認申請が必要なのは10㎡を超える増築ですが、間仕切壁の撤去といった改築も構造に大きく影響します。増改築を含むリノベーションは、建築士の在籍するリフォーム会社に依頼しましょう。

中古の一戸建て住宅を購入する際には、修繕の履歴も確認しておくと、必要なリノベーションが判断しやすくなります。

コンテンツ

リノベーション事例

ページのトップへ戻る